#992

  • 2017.02.03 Friday
  • 19:00

(所内業界用語)

ちんころ ⇒ ちくること 

じゃきをまわす ⇒ 自分の事をうわさされているのではないかと思うこと

 

刑務所内での基本ルール

1.        他人を触ってはだめ。(肩のゴミを取る事すら禁止)

2.        部屋以外の私語は厳禁。 話したいときは刑務官(先生)の許可が必要

3.        刑務官の事と「先生」と呼ぶしきたり (そんなに偉いの?)

 

他人を勝手に触って刑務官にみられたら審査会行き。

審査会の決定で × がでたら ⇒  懲罰部行き。

ちなみに懲罰部屋とは・・・

 

約二畳の部屋でトイレ付

では、この部屋で何をするかというと・・・

ごはんとトイレ以外は日中はずっと畳に上で壁に向かって正坐。

無言でひたすら正坐。

 

えっ? それってマジですか〜?

まるで時代劇に出てくる座敷牢。

 

どのような場合に対象になるか?

例 同室の人が相手の手を1回たたいたら・・・審査会を経て懲罰1カ月。

トイレでの無断講談(ちょっとしたおしゃべり)でも懲罰行き。

たとえそれが(おはよう、こんにちは)程度の挨拶でも刑務官にみられるとアウト。

歯磨き粉を相手につけてあげただけで刑務官に見られると懲罰。

 

堀の中のルールは想像もつかなかった。

 

 

#997

  • 2016.10.25 Tuesday
  • 11:34

またもや驚きです。

なんと・・・1月から何も書いていない( ^ω^’)・・・

びっくりポン!!!!!

 

先日テレビでマインドフルネスの特集をやっていた。

呼吸に集中することで落ち着くということで、

欧米で流行っているということらしい。

 

 

日本では中村天風氏が既に天風式座禅法ということで

安定打座(あんじょうだざ)法という特殊な座禅法を編み出している。

 

誰でも簡単に瞑想出来て効果は抜群。

マインドフルネスは何でも10分やると言っていた。

安定打座法は数分で頭と心が休まる秘法。

 

詳しく知りたい方は・・・公益財団法人 天風会へお問い合わせ。

 

 

#998

  • 2016.01.30 Saturday
  • 17:21

まちづくり

 

とある地方の町づくりに携わってきた。地方行政というものはまことに不思議な所がある。

ある面からみると・・・怒り心頭になり、ある面からみると馬鹿馬鹿しく、
ある面からみると失笑してしまう。企業がたくさん進出している町では税収が豊かなようだ。


しかし、豊かゆえに、行政マンは何もしなくても財政を気にせずに実行できる。
ようは、なるべくめんどうな事はやりたくないのが本音のようだ。
だから自ら町の将来を真剣に考えるなどということは建前ばかりとなる。


その結果、実に矛盾することばかりとなる。


 

 

先日も祭りの実行委員会を集めてH28年度の第一回会議がもよおされた。

今年も1尺玉(
10号玉)を50連発以上打ち上げようかと意気揚々と参加すると・・・


 

 

現在財政赤字がここ6年続いているので、今年は予算がありません。


 

えっ???????

 

予算0円??????

 

えっ????????

 

なっ 何も 何も事前に聞かされてない。 

というより、そもそも会議でどうするかを決める内容を・・・実行委員の意見も何も聴かず、
町の執行部が勝手に決めての会議。


 これって会議
?????

 

 

東日本大震災の復興支援をかねて花火大会は5年間は盛大に行う。
会場では東日本大震災で親を亡くした震災孤児のための募金活動を行い毎年あしなが育英会に募金している。

 

ことしはその5年目だ!

 

 

政府の「一億総活躍社会」 「地方創生」 の方針と真逆の事だ!!!

 

これに関して町内の町会議員からも何のアクションも無し。

 

 

アンビリーバーブル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

そもそも地方交付税を国からもらわなくてもよい財政状態の町を、
現町長が赤字体制にしてしまい、自分の赤字の埋め合わせにやっきになっているだけなのぉ〜?

 

建前は、町の財政の健全化。 本音は自分がやってきた事の尻拭いを任期満了までに早くやりたいだけ?
 

黒字の体質であり、かつ、貯金があった町財政を毎年7億の赤字を出すような行政経営を行ってきた人だ。

何せ3期目だから・・・

 

 

 

びっくりポンの3乗だ〜〜〜〜!!!!!!!!!!

#999awesome

  • 2015.04.02 Thursday
  • 10:50
4月1日エイプリルフール
世界的におもしろいエイプリルフールニュースは愉快だ。

以前火星に人類が到達したというニュースは世界中に駆け回ったようだ。
たしかBBCではなかったか。

すごい!といえば、消費税が8%に上がってからの政府見解と実際の生活との違和感。
買い物をしたり食事をしたりすると・・・やはり8%はキツい!!!

もし・・・10%になっていたらと思うと・・・ぞっとします。

でも、でも、来年4月は10%なんでしょう?

公務員の方々は臨時職員を雇って楽をするのではなく、もっともっと頑張って
働いてほしいものです。

議員歳費等で数千万円も利用でき、おまけに飛行機代・新幹線代が優遇される人と、月額のサラリー数十万円で家のローンや
自動車のローン(地方は車は必需品)や学費を捻出する人たちが同居して何も革命も起こらない平和な国
日本は・・・すごい!


 

#1000awesome

  • 2015.03.30 Monday
  • 23:00
世の中百聞は一見にしかずとはよく言ったものだ。
ただし、これは真実である。

専門誌や大手新聞記事に掲載されると・・・真偽のほどはともかく、もう先入観で「へぇ〜〜そうなんだ〜」
と信じてしまうのが世の常である。

ところが・・
本当にところが・・・

実際は全く違うことがあることに驚く!

高級食材や高級漢方として唐王朝時代から食されているツバメの巣。
これが洞窟で取れた天然物が高級品でよい??とか、赤色がよい??とか
ちまたでは言われている。

ところが・・・天然ものは異物が多く、衛生的に人の口にはいるまでにかなりの
手間が必要であり、異物を取り除く間に巣自体の形が崩れたりする。
値段もかなり安い。

また赤色の巣は・・・化学薬品で着色している。(驚き〜〜〜!)
自然の物でもツバメが食べる昆虫の種類により着色。
ようはコーヒーを飲んで唾を出すと黒くなるのと同じ。
または・・・糞が着色してなる場合。(不潔)

いや〜〜今まで語られてきたことは都市伝説的だ。

これはすごい!