#986たまちゃん日記

  • 2017.03.06 Monday
  • 16:48

入浴ルール

 

やはり自由がきかないのがお堀の中。

お風呂も中々シビアな状況です。

 

時期により入浴の回数が変わる。

10月〜6月までは週に2回

7月〜9月までは週に3回の入浴タイム。

 

この入浴タイムはかなり過酷。

何せ脱衣場で囚人服を脱いでから入浴し、入浴後に洋服を着るまでの期限が15分間(厳しい〜)

 

大浴場はあるにはあるが、順番で一番風呂以外は大浴場に入らないそうだ。

理由は・・・200人近くがこの大浴場を利用する。もちろん湯の入れ替えは無い。

三番風呂の頃には浴槽のお湯は人の垢で色が変色。さらに髪の毛も浮き、とても入浴できる状態ではない。

 

それでも寒い冬はシャワーでは温まらないと言い、この浴槽に浸かる人もいるようだ。(凄すぎる)

 

大浴場と言えども、シャンプー・石鹸がついているわけではない。

全て自分で手配が必要。当然ドライヤーなど望むべくもない。

 

たまちゃん曰く、刑務所でもお金が無ければ何もできない。

 

ドライヤーが無いならどうするか?

濡れた髪のまま過ごすそうだ。(マジですか?)

 

何とお風呂の入浴時間で1番風呂はお昼の12時半からスタートするそうです。

 

 

ここからは少々過激な内容です。

 

刑務所内で出会った強烈な犯罪者

 

関わった事件

・北九州一家消滅事件    刑期  無期懲役

・久留米 看護師保険金殺人 刑期  無期懲役

  

死刑囚は拘置所にいる。

そこで刑が執行されるそうだ。

 

何と殺人者は他人より身内殺しが多いと、たまちゃんがさらりという言葉に戦慄が走る。

親殺し子殺しが多いと聞き、何だか悲しくなってしまった。

 

自分の子供を殺めてしまった場合は、被害者感情が無いので、仮釈放の可能性あり。

親殺しは被害者の身内の感情があるので、仮釈放はないそうだ。

(生々しく切なくなる)

 

 

実はたまちゃん所内で何と告白されたそうだ!

 

えっ? マジ本当ですか?

 

20代の中々美しい方だそうで”つきあってと・・・

たまちゃん目ん玉飛び出そうなほど驚き。

 

”刑務所内でどうやってつき合うの? それも親子ほど差がありそうなのに。”

 

びっくりぽんの連続です。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック