#989 たまちゃん日記

  • 2017.02.06 Monday
  • 13:43

受刑者の一番のエリートは炊事係。ようするに受刑者全員の料理を作る人。

人数は約10名。

この人はとにかく特別待遇のようである。

 

なんと各人に3畳ほどの個室が割り当てられる。

さらに驚きは個室にテレビまでついている。 えっ?マジですか???

 

なぜ通常の受刑者は共同部屋でテレビも無く私語も厳禁なのに。

 

たまちゃん曰くこの人たちは受刑者内でも頭の良い人たちだそうだ。

カロリー計算など、数字に強くないといけないらしい。

短時間に200名近くの受刑者の食事を要領よくまかなう必要があるわけだ。

 

しかし、犯罪は・・・殺人・覚せい剤・万引きと様々

炊事係の待遇がいいので、シャバに出ても再犯率が高く、また舞い戻ってくる始末。

 

炊事係は朝は530分起床で午前8時まで働く。

なぜかこの人たちには特別にパンやお菓子が毎日交互に支給される。

 

 

たまちゃんのひと言・・・刑務所の堀の中でも学歴がものをいう。

 

Awesome!!!!!

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック