#993 たまちゃん日記

  • 2017.02.02 Thursday
  • 20:16

平成28年1月某日 K拘置所に収監

 

名前はたまちゃんから2013番に変わる。

いきなり名前が番号になるのもすごい。

 

裁判での判決なし

なぜなら刑が既に確定しているから。

ですから、刑務所へ配送されるのを待つだけ。

 

拘置所の面会は自由ではないが、申請するとできる。但し、差入れは拘置所の売店で購入したものしか差入れは出来ない。

 

3月某日 ○○県 F刑務所へ入所

裸になり シャワーを浴びる。 検査  お尻の穴を調べられる。

 

拘置所番号2013番から刑務所では184番になる。

作業着に着替える(ピンク色)

 

一日目は一人部屋

持ち物のすべての荷物検査あり。

拘置所で購入したものと、拘置所で差入れしたものは持ち込みOK

しかしパンティにフリルがついてたり、ハイレグは不許可。

これは刑務官の判断により様々らしい(なんでだろぅ〜?)

 

2日目

観察部屋 5〜6人部屋に入所

ここでのしきたりを学ぶ。

  1. トイレの使い方。
  2. スリッパの使い方。
  3. 洗面のしかた。

部屋番号のトイレとスリッパしか使えない。

部屋の中に共有の引き出しあり。それぞれ番号で分けられる。

一人に1つの小さな机有り。

 

通常2週間そのへ入所するが、なぜかたまちゃん1カ月もいることに。

 

その後は2階の部屋へ移動する。

初犯の受刑者は2階の部屋へ。 累犯は1階の部屋へ。 

圧倒的に累犯のほうが多いそうだ。

 

累犯と初犯が一緒になることはない。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック